高麗人参が詳しく分かるサイト

  • iPS細胞でヒトの脳が作られた!?
  • 新薬開発
  • 脳再生への希望

人工的にを作ることに成功

http://kouraininjins.info/images/brain-951871_960_720.jpg一度失われてしまったら、取り戻すことが難しい機能。劇的に回復する事も現実的になって来たかもしれません。なんと、直径4mmほどの大きさの人間のが、オーストラリアや英国の研究チームにより作られているんです。iPS細胞とES細胞から作られたこのは、大皮質に似た構造や髄膜などが再現されていて、記憶をつかさどる海馬の細胞や、目で光を感じる網膜なども含まれています。血管がないなどの理由で直径4mmほどまでにしかならなりませんでしたが、これまでは考えられなかったような事が実際に起きているんですね。

小頭症の組織も再現

今回の研究で、小頭症患者の皮膚の細胞から作ったiPS細胞を同様に培養したところ、発達に異常がある組織も出来たそうです。このように、異常のある組織が再現出来れば病気の原因を解明し、治療方法を確立していくことも可能になって来るのではないでしょうか。
※小頭症とは頭が極端に小さくの容積が少ない症状です。の発育が悪いために体積が小さく、頭蓋腔の容積も拡大しないものと、頭蓋骨の縫合が早期に完成するために頭が極端に小さいものの二つがあります。(通常、産まれたばかりの赤ちゃんは頭蓋骨がいくつかのピースに分かれていての成長に合わせて頭も大きくなります。大人になるとそのすき間はくっつきます。)知能の発達遅滞が顕著です。前者は頭蓋骨癒合症の治療に準じますが、後者には有効な治療法がないことが多いと言われています。

iPS細胞で実現?夢の医療

認知症、発達障害、精神疾患、ほかの全てのの疾患…。今の医療では解決が難しいものです。
一度死んだ細胞はこれまで二度と再生しないと言われてきました。
は、思考以外にも運動機能やホルモン分泌などさまざまな役割を担っています。例えば、卒中の後遺症で半身麻痺になっても、iPS細胞から細胞を作って移植することが出来れば、再び自由に体を動かせるようになるかもしれません。
これから、iPS細胞を使って、不可能だった治療も可能になるかもしれませんね。


ライター:田宮悠季

合わせて読みたい記事

高麗人参と病気・うつ病 うつ病も改善する高麗人参
神経系疾患 人は何らかの理由で自律神経のバランスが崩れることで、自律神経失調症やうつ病を発症したり...
高麗人参と病気・認知症 認知症に対する高麗人参の効果
さまざまな効果 高麗人参が持っている効果はいくつもありますが、中でも有名なものとして糖尿病や動脈硬...
ケネディ教授「紅参、記憶力を高める」 ケネディ教授「紅参、記憶力を高める」
第9回「国際人参シンポジウム」で人参の研究を発表「長期間服用し、より大きい効果が期待される」 &n...
元気な毎日の為に。 おじいちゃん、おばあちゃんに紅参茶の一服。 元気な毎日の為に。 おじいちゃん、おばあちゃんに紅参茶の一服。
身近におじいちゃん、おばあちゃんがいれば多くのひとが感じることでしょう。 古代中国では、長寿や滋養強...
高麗人参と病気・認知症 認知症にも良い!高麗人参と病気の関係
健康に気を遣うのなら高麗人参と病気のことを考えるのは、とてもいいことと言えます。なぜなら、様々な病気...
高麗人参と病気・認知症 認知症予防
高麗人参は古代から漢方薬として使用され、ガンやインフルエンザに糖尿病や動脈硬化、認知症といった様々な...
外国語の勉強が認知症予防に? 多言語を話す人は認知症になりにくい?
・カナダのヨーク大学の研究によると「二言語を話す人は一言語を話す人に比べて認知症と診断されるのが5年...
お年寄りにも高麗人参 お年寄りにも高麗人参
医療技術の発達により、さまざまな病気の治療ができるようになっていますが、そのなかでまだまだ解明が進ん...
長谷川式テストは認知症を発症しているかどうか判定するテスト 長谷川式テストはいくつかのテストに回答することで、認知症を発症しているかどうか判定するテスト
インターネット上には長谷川式テストで認知症のセルフチェックが出来るサイトもあります。早期発見が難しい...
細胞分裂の回数券「テロメア」を伸ばして不老長寿 若く見える人、その理由は?
人間は生まれてから約20年で成人し、その後は徐々に老化していきます。いつまでも若々しく健康でいたいと...
実年齢より数十歳若いお年寄り「スーパー高齢者」とは? 頭も体力も実年齢より数十歳若い!
平均寿命が延び、高齢化が進む現代日本社会。せっかく長生きをするなら健康に長生きしたいものですね。 ...
すでに作られている!iPS細胞から出来た4mmのヒトの脳 人工的に脳を作ることに成功
一度失われてしまったら、取り戻すことが難しい脳機能。劇的に回復する事も現実的になって来たかもしれませ...
iPS細胞で見えて来た新たな認知症治療の可能性 iPS細胞を使った認知症の研究
ノーベル賞受賞で注目を集めたiPS細胞。日本人の山中伸弥氏が率いる京都大学の研究グループによって、マ...