高麗人参が詳しく分かるサイト

  • 高麗紅参飲んでみた!
  • 紅参ってなに???
  • 高麗人参と高麗紅参の違い
  • 紅参は高麗人参の上を行くいわば万能薬・・・のはず。
  • 高麗人参最強の加工法で作られた紅参

紅参ってなんぞ???高麗人参のめっちゃ良いグレードのやつです。

http://kouraininjins.info/images/DSC_1722s.JPGこのサイトにしばしば出てくるキーワード、「紅参(高麗紅参)」。
ことさら、筆者は高麗人参に触れる記事においては、紅参紅参とことあるごとに言っている。

おそらく、こう思われた方も多いことではなかろうか。
紅参ってなんぞや。」

某栄養ドリンクのユンケルとか某薬用養命酒とかに入ってて、滋養強壮効果があるとか、色々言われている、「高麗人参」は皆さんご存知だろう。
その高麗人参の中でも最も素晴らしい効果が得られると言われているのが「高麗紅参」なのである。

因みに、読み方は「こうらいこうじん」である。

高麗人参は、その加工法でいくつかの種類に分けられる。
まずは、畑から引っこ抜いたばっかりの「水参」、水参の皮をむいて干した「白参」、そして、6年かけて栽培した高麗人参を皮ごと蒸して干したのが「紅参」である。さらに、蒸して干す作業を繰り返した「黒人参」なるものもあるらしい。黒人参は、量が増加するサポニンもある一方、熱によって失われる成分もあるそう。
一般的に「高麗人参」とか、「朝鮮人参」として売られているのは、白参だそうだ。

紅参は皮ごと蒸したあとに水分14%以下になるまで自然乾燥させているので、有効成分が凝縮されている。

それ故に筆者は紅参を選んだ。

紅参の摂取方法は色々

さて、その紅参なのだが。
その摂取方法は色々で、選べる。

タブレットになっていたり、カプセルになっているような、いかにもサプリ感な製品。
粉末になっていて、お湯などに溶かして飲むもの(紅参茶)、ペースト状になっているもの。

コスパが良くて品質も良い製品が良い筆者だが、ありとあらゆる製品を調べまくるのも面倒くさい、計算も苦手である。

当初、げろまずいと評判の紅参エキス(筆者は何回か舐めたことがあるが特にマズイとは思わなかったが)が欲しいなと思っていた。
何か効きそうだし摂取する量のわりにお値段がお得そうだから。
しかし、ズボラであり、なおかつ無精なので外出先にも持って行けて簡単に飲める粒状のものか紅参茶にしようと路線変更。

選んだ商品について

グーグルで検索すると、正官庄とかいう韓国政府公認(らしい)の製品が沢山出てくる。
見ていると、紅参茶や紅参エキス、タブレットとか色々あって、商品によりお値段はまちまちだが、基本的に高い。全体的に高い。お茶も高い。
紅参は病気と筆者のオツムは治してくれる可能性はあるが、金欠病は治してくれないようだったので他を探してみる。
※後で探しなおしてみたら正官庄にもコストパフォーマンスの良い製品はありました。

正官庄のサイトを見ていると、推奨される紅参製品の見分け方についても言及してあった。
・製品に正官庄のマークが付いている。
・インサムくん(高麗人参を擬人化したであろうキャラクター)のマークがついている。
健康機能食品のマーク(韓国語のもの)がついている。
上記いずれかのうち2つ付いていることが良い商品の見分け方なんだとか。

探しているうちに、なんと地元のドラッグストアで、インサムくんのマークのついている比較的リーズナブルな紅参茶を発見した。メーカーは、オンガネジャパンとなっている。

http://kouraininjins.info/images/innsamulogo.jpg

メーカーをインターネットで調べてみると、どうやら同メーカーのものと思われるオンラインストアも発見。(このお店、会社情報が見当たらないのでちょっと怪しいが、市販されているミネラルウォーターの製造元のようなのでひとまず信用してみる)

どうやら、ネットショップの方は、"チョイスジャパン"会社名で運営しているようだが、同じ会社のよう。
そちらにも「美いね!」という紅参茶があるのだけど、パッケージが違う。インサムくんがいない。そして高い。

同じ会社みたいだし・・・

高いってことは品質が良いのか?でもインサムくんいないし、なんか怪しい気もする。
サイトに説明が載っているので読んでみる。

生産地の紹介、複数の機関での残留農薬チェック、更に、日本での残留農薬チェックを経て製品化されているとなっているとある。
※ちなみに、高麗人参の産地で有名なのは開城(ケソン)というところらしいが、ここの高麗人参は鎮安(チナン)というところが産地らしい。ググってみたら、馬耳山という岩でできた山と、韓国ドラマのロケ地で有名らしい。

この鎮安には、韓国で唯一の高麗紅参研究所という施設があると美いね!のサイトには書いてあった。
つまり、美いね!の産地は、スピリチュアル的な聖地なおかつ韓流ドラマの聖地であり紅参の聖地でもあるということか。

さて、品質に関してはひとまず安心したので、美いね!の紅参茶も、試しに美いねの紅参茶も飲んでみることにした。

市販のものと比べると味が濃いような気がする。
味は確かに違うのだけど、どちらが濃ゆいかはわからない。
色は、美いね!の方が濃く見える気がする。

とりあえず効果が表れた

どちらの紅参茶が良いかはわからないが、とりあえず冷えが改善した。

筆者が紅参製品の中でも、紅参茶を選んだのはこういった経緯だった。
別に、紅参茶が紅参エキスや錠剤よりも効きが良いという訳ではないだろう。
タイトルだけ読んだら、紅参茶だけが他よりも優れているように見えるような気もするが、そういう訳ではないので悪しからず。。。

ただ、筆者が飲んでいる紅参茶は、品質が良くお値段もお手ごろなので製品選びの参考になればと思います。

では、また体験記でお会いしましょう。
筆者・田宮でした!


追記:その後、コストパフォーマンスの良い正官庄の商品も発見しました。
 

合わせて読みたい記事

高麗人参とは?? 高麗人参は不老長寿の漢方薬
高麗人参 高麗人参は、ウコギ科の多年草で、中国では古くから不老長寿の漢方薬として利用されてきました...
体験談 体験談「高麗紅参茶を飲んで・・・」
友人の勧めで飲み始めた高麗人参茶 私は、○歳の女性、最近基礎代謝が落ち、汗を掻く量が減ってきました...
高麗人参の選び方 高麗人参の選び方
高麗人参とサポニン 高麗人参の選び方で重要なポイントは、サポニンの含有量となります。 そもそもサ...
最高級紅参 六年根の最高級紅参について
最高級の「紅参」について 薬用人参となる高麗人参は、その加工法から紅参と白参の2種類に分かれます。...
高麗人参の副作用 高麗人参の副作用である健康トラブルの好転反応
栄養価の高い高麗人参 古くから人々の間で病気を治すために行われてきた方法が漢方薬の利用になります。...
紅参・六年根 紅参の最高級品について
高麗人参の産地 高麗人参の歴史は古く、中国では昔から「不老長寿の薬」として、王侯貴族の間で珍重され...
高麗人参の値段 高麗人参値段あれこれ(値段の違いは加工法や形)
高価な高麗人参 高麗人参は不老長寿の異名を持つもので、高価・貴重な植物として周知されています。 ...
高麗人参成分/サポニンの力 高麗人参の有効成分であるサポニンの力
サポニンの力 高麗人参の成分のうち、主要成分であるサポニンの力については、殺菌・抗菌作用のほかに、...
高麗人参生産・産地 高麗人参の産地について
高麗人参の産地 高麗人参生産・産地については、中国や朝鮮半島、日本となるのですが、その中でも朝鮮半...
ツライ生理痛、冷え性がその一因に!? 腹下しより痛い…女性の天敵生理痛
生理痛で悩まされている女性はとても多いですよね。たまには、あまり痛みを感じない方もいらっしゃるようで...
高麗人参の摂取法 健康的な毎日は継続が大切
高麗人参の摂取法 高麗人参摂取法には、飲み物や加工食品を挙げることができ、近年では加工技術が進み、...
紅参・・・高麗人参との違い 紅参と高麗人参との違いって?
高麗​人参には階位がある 高麗人参とひと言で言いますが、高麗人参にはいくつかの種類があるというのは...
高麗人参成分/ジンセノサイド 高麗人参成分のジンセノサイド
ジンセノサイドとは 高麗人参に含まれる有効成分であるサポニンは、ジンセノサイドとも呼ばれる成分とな...
高麗人参の種類 高麗人参の種類について
​高麗人参の種類 高麗人参の種類は、『水参』、『紅参』、『白参』の3種類に大別されます。加工法によ...
健康に高麗人参 高麗人参で体質改善
人間の体にはたくさんの臓器がありますが、これらの臓器が問題なくしっかりと働くことで健康を保っています...
高麗人参が持つ栄養素 高麗人参が持つ栄養素について
高麗人参の栄養素 日本は世界でもトップクラスの長寿国で、健康的に歳を重ねることに関心が高い人が多い...
高麗人参製品/お茶 高麗人参製品のお茶について
高麗人参とお茶 昔からたくさんの人が滋養強壮などに効果があるとして重宝してきたのが高麗人参となりま...
高麗人参効果効能・滋養強壮 滋養強壮や病後の体力回復
高麗人参の効果 高麗人参は見た目がゴボウや人間の体のようになっていますが、さまざまな病気に効果があ...
紅参・成分 高麗人参の紅参の成分について
高麗人参の歴史と成分 高麗人参は最高級の薬用人参となっています。またその歴史も長く、古くからたくさ...
高麗人参が育つまで 高麗人参が育つまで
栽培期間 滋養強壮などの健康効果が期待されるのが、古くから漢方薬や薬膳として利用されている高麗人参...
紅参 女性の美に作用する紅参
不老長寿 紅参は上薬として健康に良いとされる天然素材で、「生命を延長する薬」として漢方にも用いられ...
高麗人参製品/サプリ サプリメントで健康美
高麗人参とサプリメント 高麗人参製品は日本では健康補助食品に分類されており、健康美を手にする加工製...
高麗人参の効果効能・疲労回復 高麗人参で疲労回復
疲労でお悩みなら 毎日忙しく働いている人がいたり家事や育児で忙しいと感じている人が多くなってい...
紅参・産地 高麗人参の紅参の産地
高麗人参の産地 健康に非常に高い効果を発揮する紋ものとして高麗人参があります。高級品というイメージ...
紅参・栽培 紅参の栽培や栽培年数について
「紅参」の加工方法 高麗人参を購入するときに紅参という名前を見ることがあります。 これはどのよう...
筆者が実験台・番外編。なぜ紅参茶なのか。 紅参ってなんぞ???高麗人参のめっちゃ良いグレードのやつです。
このサイトにしばしば出てくるキーワード、「紅参(高麗紅参)」。 ことさら、筆者は高麗人参に触れる記...
体温が低い「低体温」は病気になりやすい!? 平熱が低い、低体温
あなたの平熱は何度ですか? 普段、体温を測る習慣って、意外とないですよね。通常、平熱が36℃以上あ...
筆者が実験台①冷え性VS紅参茶 脚が寒い。むしろ痛い。冷えすぎて寝られない。
現在2017年の1月。 年間を通して最も寒い季節。これを書いている今日はまた、一段と冷え込んでいる...
高麗人参と病気・冷え性 冷え性予防
女性の大敵冷え性 女性の多くは冷え性に悩まされている人が多くなっています。改善するためには血行促進...
筆者が実験台②睡眠障害VS紅参茶 寝られん!!!いつもいつも!!!
いつ頃からだろうか、睡眠薬なしでは寝られなくなったのは・・・。 と、考えてみたら軽く5年くらい睡眠...
まさか!?冷え性が原因でガンに?? 冷えは万病のもと。ガンになりやすい冷え性がある?
最近は、夏でも効きすぎのクーラーで、冷え性でお悩みの方はツライ思いをしている事もきっと多いのではない...
筆者が実験台③口内炎と風邪の話 出来ると痛い。口内炎。
突然だが、筆者はよく口内炎が出来る。 出来るときは続けて出来る。子どもの頃からよく出来る。 一度...
ここぞと言うときに病気!体調不良!そんな事にならないように、紅参習慣。 大切な用事がある時に限って体調不良・・・・
仕事で勝負の日に、人生を左右する受験の日に、楽しみにしていた趣味の発表会や大会で、前々から計画してい...