高麗人参が詳しく分かるサイト

  • 高麗人参の栽培にかかる期間は最低4年。
  • 高麗人参の最高級に育つまでの期間は「6年」!
  • 高麗人参を育てると最低10年は畑を休める。

高麗人参が育つまで

<strong>高麗人参</strong>畑3栽培期間
滋養強壮などの健康効果が期待されるのが、古くから漢方薬や薬膳として利用されている高麗人参です。
高麗人参が育つには、条件として栽培期間に最低4年となる長い年月を要しているのが特徴です。

6年根の理由
栽培期間によって、1年根から6年根までの
階級があり、中には10年以上の栽培期間によって収穫される高麗人参があるものの、表皮組織が老化したり、栄養素が少なく、家畜の肥料として利用されています。もっとも高価で栄養素を豊富に含むなど、高級品に位置付けられるのが6年根です。
通常、植物を栽培する際には、土を耕し、種を蒔き、収穫というサイクルでの栽培であるものの、高麗人参が育つまでには土づくりから種まき、発芽するまでに最低4年が必要となります。
<strong>高麗人参</strong>畑作り土づくりにおいては土地の条件がもっとも左右され、寒暖の差が少ない気候や水はけの良さ、さらに日当たりの良さなどが挙げられています。
奥深い山の広葉樹を活用するのが一般的で、高麗人参の生育に適する土に仕上げるために1年から2年にわたって手入れが行われます。
また、有機栽培であるのが特徴で、化学肥料を与えないため、形や大きさも同じ6年根でも違いがあるものの、品質の良さが特徴です

6年以上の歳月
種蒔きを行い、高麗人参が育つまでに4年ほどかかり、花が咲いた後に赤い実をつけます。
蒔いた種が順調に育つわけではなく、天候や土の状態、虫などによっては根腐れを起こすなど、収穫に左右される自然災害にも見舞われるケースもあるため、栽培前から栽培後において、時間と手間を要するために、現在でも高級食材として周知されています。
さらに、高麗人参を収穫した後の土地は、最低10年以上の休耕期間が必要とされているのが特徴で、高麗人参が育つ過程で土地の養分を全て吸い取ってしまうため、連作障害を防止し、栄養豊富な高麗人参を栽培させるには農地を寝かせることは重要視されています。収穫された高麗人参は、水参白参紅参に分かれて提供されます。

合わせて読みたい記事

高麗人参の値段 高麗人参値段あれこれ(値段の違いは加工法や形)
高価な高麗人参 高麗人参は不老長寿の異名を持つもので、高価・貴重な植物として周知されています。 ...
高麗人参生産・産地 高麗人参の産地について
高麗人参の産地 高麗人参生産・産地については、中国や朝鮮半島、日本となるのですが、その中でも朝鮮半...
紅参・産地 高麗人参の紅参の産地
高麗人参の産地 健康に非常に高い効果を発揮する紋ものとして高麗人参があります。高級品というイメージ...
紅参・栽培 紅参の栽培や栽培年数について
「紅参」の加工方法 高麗人参を購入するときに紅参という名前を見ることがあります。 これはどのよう...