高麗人参が詳しく分かるサイト

  • 高麗人参は韓国や中国、日本でも栽培されている。
  • 高麗人参がバランスよく育つまで6年を要する。
  • 涼しく乾いた気候で育つ高麗人参。
  • 普段よく見る人参とは全く「別物」

高麗人参の紅参産地

<strong>紅参</strong><strong>産地</strong>高麗人参の産地
健康に非常に高い効果を発揮する紋ものとして高麗人参があります。高級品というイメージがありますが、それは栽培の際に手間や年数がかかると言うことが関係しています。
またオタネニンジンという和名を持っていますが、多年生の植物です。産地としては韓国や中国が有名となっていますが、日本でも栽培されています。
有用成分としてサポニンがたくさん含まれています。このサポニンが含まれているのは根の部分になりますが、根の形が人の形にいているものほど高級品となっています。
 
高麗人参の育ち方
花は3年根から咲き始めるようになっています。毎年5月下旬に花が咲き、始めは緑色ですが少しずつ紅色に変化していきます。葉っぱは双葉で、手のひらの形に似ているという特徴があります。
葉柄は基本的に1年に1個ずつ増えるようになっています。6年根は6種類の葉柄を持つようになっています。
しかし根の成長が盛んに行われているときには、これよりも多く発生することもあります。基本的に1つの根に一つの幹ができるようになっています。根に関しては、譜代な形で頭と胴体と足と尾というようになっています。
6年根になると全体的にバランス良く成長をし、人の形に似ています。このような特徴がある紅参ですが、産地はアジアの極東地域にだけに自生する薬用植物となっています。高温多湿の地域では生育することができません。

高麗人参の育つ環境
寒冷地で水はけの良い土地で生育するようになっています。涼しく乾いた気候を好むので、降水量が年間で約1200ミリメートルの地域、比較的雪が少ない地域でしか育つことができません
 
普通の人参とは別物
高麗人参は普段食べている人参とは異なります。これとは全く別の植物となっており、収穫が非常に難しいと言うことで、昔から王族の間だけで珍重された貴重なものでした。日本には奈良時代に伝わったとされていますが、中国から貢ぎ物として献上されていたという歴史があります。現在に至るまで健康素材として重宝されています。

合わせて読みたい記事

紅参・六年根 紅参の最高級品について
高麗人参の産地 高麗人参の歴史は古く、中国では昔から「不老長寿の薬」として、王侯貴族の間で珍重され...
紅参・・・高麗人参との違い 紅参と高麗人参との違いって?
高麗​人参には階位がある 高麗人参とひと言で言いますが、高麗人参にはいくつかの種類があるというのは...
高麗人参生産・産地 高麗人参の産地について
高麗人参の産地 高麗人参生産・産地については、中国や朝鮮半島、日本となるのですが、その中でも朝鮮半...
紅参・栽培 紅参の栽培や栽培年数について
「紅参」の加工方法 高麗人参を購入するときに紅参という名前を見ることがあります。 これはどのよう...