高麗人参が詳しく分かるサイト

  • 筆者は頑固な不眠
  • 薬がないと寝られない。
  • 寝るために飲む多種大量の薬・・・
  • 一生このままなのか。
  • 紅参茶で体質改善にチャレンジ中

寝られん!!!いつもいつも!!!

http://kouraininjins.info/images/DSC_1722s.JPGいつ頃からだろうか、睡眠薬なしでは寝られなくなったのは・・・。
と、考えてみたら軽く5年くらい睡眠薬が筆者の相棒。

はじめは、「弱めの睡眠薬を出しておくね」と言われ、量も大したことなかった記憶だ。
それが、効かなくなり、薬を変えて、量が増え・・・
その結果・・・。
「10錠も飲んでんじゃねえかよ!!!」
今に至ります。

睡眠薬に加え、鎮静剤や抗うつ薬も飲んでいて、「こんなに飲んでたら将来何か他の病気になるんじゃない?」と、不安になったりする。
そして、飲んだらぐっすり気持ちよく寝られて、朝はスッキリ目覚めるという訳ではない。

寝つきが悪いことがある。途中で目が覚める。起床時間にはぼんやり。なおかつ、どんよりである。

紅参茶を飲んでみた

筆者は、2016年の春に「高麗紅参」というものを知った。
「高麗人参ってすごいんだよ!!!」「頭も良くなるんだよ!!!」と知人に言われ続けているうちに、気になって調べるようになった。

知人の勧めもあり、このサイトに出会い、記事を書くようになった。
去年の夏あたりから本格的に記事作成を始めたので、まだまだ知らないことは多いと思われるのだが、記事を書くに差し当たり、色々な情報を収集することになる。
高麗紅参の効果・効能や、ガンなどの病気の原因が何となく分かって来るにつれ、段々と自分んも紅参を飲みたくなって来た。

その中でも、不眠改善すると言われているという事実は筆者を「早く紅参飲みたい!!!」という思いに駆り立てたのである。
だって、睡眠不足ってしんどいんだもの・・・。

日に日に募る紅参への想い・・・ああ、これが片想いか。
一刻も早く紅参が欲しい・・・。
そして・・・とうとう、その想いは通じた。2016年12月初旬。
両想い?になった
(※紅参茶をゲットした)のである。

早速、おやつの時間位に1包飲む。そのあと、夕方に忘年会があり、酒量をオーバーした筆者はフラフラになり帰宅。紅参茶を飲むどころではなく、その日は気分が悪くなっているのでそのまま玄関先で倒れて、少し酔いがさめてから睡眠薬を飲んでから寝た。
特に寝つきが良いとか、ぐっすり眠れて寝覚めがスッキリなんてことはなかったはずだ。

紅参茶・経過報告

はじめにハッキリ書いておこう。
特別に寝つきが良くなったりしていないし、ぐっすり眠れて朝スッキリなんて正直飲み始めてから今に至るまでない。
8時間睡眠くらいが健康には良いらしいが、筆者はそのくらいの睡眠では足りない。
途中、目が覚めることもよくある。
それは、紅参茶を飲み始めてからも変わらなかった。

好きな人と付き合ってみたらガッカリだった感じって、こんな感じなのだろう。

筆者は冷え性のため、冬場は脚がキンキンに冷えてなかなか眠れないのが毎年恒例だったのだが、冷え性に関しては効果があったので、その点だけ見れば、少し眠りやすくなったと言えるかもしれない。
こちらの方は、結構効いてくれているし、即効性を感じた。

体質が変わるまでには少し時間がかかる

紅参を飲んでから体質が変わるまでには、少々時間がかかるようだ。
新陳代謝というか、身体にはサイクルというものがあるので当然と言えば当然である。
大体、安定して効果が得られるまでにひと月ほどかかると言われている。

その、体質が変わる過程で「好転反応」と言われる、様々な身体の不調が出ることがあるとも言われている。

どちらも、個人差があるだろうけれども。

少しだけ良くなった

筆者は睡眠薬がないと、基本的に眠れない。
徹夜をすると、日が昇るころには疲れが出てグッタリするのだけれど、だからと言って眠くはならない。
それは昼、夕方となっても同じで、どんどん疲れが溜まって、野垂れて・・・いや、布団に入っておとなしくしていても疲れて疲れて、もうしんどくてたまらない。
それでも、睡眠薬がないと夜になっても眠れず、2日くらい徹夜は当たり前。

どうしても眠れないときは仕方がないとして、極力徹夜はしないようにしていた。
それが、12月の下旬に、出かける用事があり、徹夜しなければならない日が出来てしまった。
夜が明ける頃には疲れてグッタリ・・・。
なのだが。
なんと、気が付いたら、帰りの電車でうたた寝をしていたのだ!!!
その後、帰宅してからは、夕方まで睡眠薬なしで爆睡。

1月にも同様に徹夜をしたのだが、この時も電車でうたた寝、帰宅して夕方まで爆睡した。

普通に夜に寝る時は今でも睡眠薬がないと寝られない。

だが、紅参茶を飲み始める前は、長年、徹夜明けも眠れなかったし、紅参茶を飲み始めてから、運動を始めたり、特に何か今までと違うことをしたりということはないので、紅参茶の効能なのかなァ・・・と、筆者・田宮、思う今日この頃。

合わせて読みたい記事

高麗人参とは?? 高麗人参は不老長寿の漢方薬
高麗人参 高麗人参は、ウコギ科の多年草で、中国では古くから不老長寿の漢方薬として利用されてきました...
体験談 体験談「高麗紅参茶を飲んで・・・」
友人の勧めで飲み始めた高麗人参茶 私は、○歳の女性、最近基礎代謝が落ち、汗を掻く量が減ってきました...
最高級紅参 六年根の最高級紅参について
最高級の「紅参」について 薬用人参となる高麗人参は、その加工法から紅参と白参の2種類に分かれます。...
紅参・六年根 紅参の最高級品について
高麗人参の産地 高麗人参の歴史は古く、中国では昔から「不老長寿の薬」として、王侯貴族の間で珍重され...
高麗人参成分/サポニンの力 高麗人参の有効成分であるサポニンの力
サポニンの力 高麗人参の成分のうち、主要成分であるサポニンの力については、殺菌・抗菌作用のほかに、...
ツライ生理痛、冷え性がその一因に!? 腹下しより痛い…女性の天敵生理痛
生理痛で悩まされている女性はとても多いですよね。たまには、あまり痛みを感じない方もいらっしゃるようで...
高麗人参の摂取法 健康的な毎日は継続が大切
高麗人参の摂取法 高麗人参摂取法には、飲み物や加工食品を挙げることができ、近年では加工技術が進み、...
紅参・・・高麗人参との違い 紅参と高麗人参との違いって?
高麗​人参には階位がある 高麗人参とひと言で言いますが、高麗人参にはいくつかの種類があるというのは...
健康に高麗人参 高麗人参で体質改善
人間の体にはたくさんの臓器がありますが、これらの臓器が問題なくしっかりと働くことで健康を保っています...
高麗人参効果効能・滋養強壮 滋養強壮や病後の体力回復
高麗人参の効果 高麗人参は見た目がゴボウや人間の体のようになっていますが、さまざまな病気に効果があ...
紅参・成分 高麗人参の紅参の成分について
高麗人参の歴史と成分 高麗人参は最高級の薬用人参となっています。またその歴史も長く、古くからたくさ...
紅参 女性の美に作用する紅参
不老長寿 紅参は上薬として健康に良いとされる天然素材で、「生命を延長する薬」として漢方にも用いられ...
万病に効く高麗人参 万病に効く高麗人参について
未病とは 年齢を重ねたり体調不良になると、体のさまざまなところに異常を感じるようになります。 し...
高麗人参成分 高麗人参成分や有用成分について
​高麗人参で滋養強壮 高麗人参は、多くの人がその健康効果が高いと理解しているものになります。有名な...
高麗人参製品/生薬 生薬としての高麗人参製品
漢方としての高麗人参 中国では古くから高麗人参を使った漢方がたくさんの人の間で飲まれています。これ...
女性にも高麗人参 女性に高麗人参が良いと言われている訳
健康や美容に関心が高い人は多くたくさんの健康食品や、サプリメントが販売されています。 それぞれ健康...
運動不足は万病のもと!時間がない人はどうするの? 運動不足は老化や病気の原因
みなさんは、日ごろ運動はしていますか? 肉体労働で常に体力をつかう仕事をしている人もいる一方で、デ...
体温が低い「低体温」は病気になりやすい!? 平熱が低い、低体温
あなたの平熱は何度ですか? 普段、体温を測る習慣って、意外とないですよね。通常、平熱が36℃以上あ...
高麗人参と病気・冷え性 冷え性予防
女性の大敵冷え性 女性の多くは冷え性に悩まされている人が多くなっています。改善するためには血行促進...
筆者が実験台②睡眠障害VS紅参茶 寝られん!!!いつもいつも!!!
いつ頃からだろうか、睡眠薬なしでは寝られなくなったのは・・・。 と、考えてみたら軽く5年くらい睡眠...
ここぞと言うときに病気!体調不良!そんな事にならないように、紅参習慣。 大切な用事がある時に限って体調不良・・・・
仕事で勝負の日に、人生を左右する受験の日に、楽しみにしていた趣味の発表会や大会で、前々から計画してい...